バイク買取業者には事故車両を買うところがあります

自分の乗っていたバイクを売却するとき、バイク買取業者に査定してもらって納得がいけば売る、という手法が多くとられています。
そのとき、もし売るつもりのバイクが過去に事故を起こしていて、査定価格が極端に安くなるのではないかと不安に思って、事故歴を申告しないことがあります。
しかし、これは、禁じ手です。
バイクを売るときには、絶対にやってはいけません。
買取業者というのはプロですから、そのバイクが事故を起こしていた事実は簡単にわかってしまうのです。
査定にあたって事実を隠蔽していたことが露見すると、印象が非常に悪くなってしまい、結果的には査定額にマイナスの影響を与えてしまいます。
なお、ごくまれに、バイク買取業者が査定段階で事故の事実を見落とすこともあります。
そして、無事故バイクであるとしての査定価格を出して買い取ってくれる事例もありますが、買取後に事故車であることが判明して、大きなトラブルになることもあります。

事故車だからといって、すべてのバイク買取業者が買い取ってくれないというわけではありません。
事故歴のあるバイクでも買い取ると点をアピールしている業者もあります。
もちろん、無事故のバイクに比べれば買取価格が安くなるのはやむを得ませんが、状況に応じて、適正な価格で買い取ってくれる業者が大半です。
自社で整備工場を持っている業者であれば、修理して販売することが可能なのです。
また、修理ができないバイクでも、解体して使用可能な部分を売り出すこともしています。
ですから、事故歴のあるバイクでもビジネスになりますので、事故車を売る場合はきちんと申告するのが得策です。